ばね指

ばね指

ばね指とはどんな病気?

ばね指の特徴的な症状は、指の曲げ伸ばしの際に引っかかりが生じスムーズな曲げ伸ばしができなくなります。
症状が進むと、曲げ伸ばしの際に痛みが生じ、関節が硬くなることで指の動きが悪くなることがあります(この状態を関節拘縮と呼びます)。

この関節拘縮がおきてしまうと日常生活に支障がでたりして治療が難しくなる場合がありますので、できるだけ早期に適切な治療を受けることが大切です。

イラスト

指を伸ばそうとしてもこのコブが引っ掛かりなかなか伸びずに、いざ伸ばすとばねの様に伸びます。

・ばね指の原因

指の骨を腱(けん)が骨を引っ張ることで指を動かすことが出来ます。

指には数本の腱(けん)があるためそれを束ねる場所があります。
この束ねている場所が腱鞘です。ばね指では、その腱に炎症が生じて丸いコブを作ることがあります、このコブが腱鞘の中で引っかかるのでスムーズに動かなくなります。

手は多用すると炎症が起きやすいため 手を使う機会が多い仕事をする方、スポーツで指をよく使う選手や家事などの負担が原因で主婦の方などにも発症しやすいのが特徴です。

更年期の女性、妊娠出産期の女性にもホルモンバランスの影響で発症しやすくなります。
また、リウマチや糖尿病、透析の患者にもよく発症します。

・ばね指の治療

治療は「保存療法」と「手術療法」の2つがありますが、基本的には保存療法を選択することが多いです。

・保存療法(手術以外の治療)
①安静
ばね指の発症要因として指を過度に使うことでなりやすいため、症状のある指の安静にします。
指を動かす癖のある方や 何気なく動かしてることの積み重ねで発症していることもあります。

②薬、注射
ばね指は、腱の炎症により生じるため、炎症を抑えるために安静と同時に薬やステロイド注射を行います。ステロイド注射は有効な治療法ですが、再発することもあります。

 

・手術療法
保存療法で改善しないときや再発を繰り返す場合は、症状の原因となっている腱鞘の一部分を切開することで、腱の動きをスムーズにします。