ガングリオン(手指のしこり、できもの)

ガングリオン(手のしこり)とは

ある日、ふと手を触ったら手首や指にしこり(固まり)が

 あったと心配になったことはありませんか?

この正体の多くはこのガングリオンです

 

 

ガングリオンと診断するとたまに

「 癌なんですか? 」と言い返されますが決して癌ではありません。 

 

ガングリオンは、癌ではなく中身はゼリー状の物質が詰まっています

 

ガングリオンの原因

 

手関節には関節を作つくる袋(関節包)があり

そこには関節を滑らかに動かすための関節液が存在します。

 

この関節包とガングリオンはつながっており

ガングリオンの中身は凝縮された関節液がゼリー状になって溜まっています

 

関節以外に腱から出来ることもあり、その場合は中身が滑液が濃縮されています。

骨や筋肉から出来ることもあります。その場合は中身は粘液が濃縮されますが

いずれもゼリー状になっています。

ガングリオンの症状

 

ガングリオンの診断

 

手などに塊やコブがあり

中身がゼリー状ならガングリオンで確定します。

小さなガングリオンもあり全く触れない物もあります。

一度病院(整形外科を受診してください)

稀に頑固な手関節の痛みの一因になることもあります(オカルトガングリオン)

 

ガングリオンの治療

腫れだけならばそのままでも構いませんが、

手首の腫れの全てガングリオンとは限りませんので

整形外科に受診して確認が必要です。

 

また痛みが強い物やガングリオンが神経を圧迫し

しびれや運動障害が出ていれば治療が必要になります。

まずはガングリオンを注射器で吸入して

(出来るだけ痛みの少ない工夫をして)中身を排出します。

 

ガングリオンの手術

何度も再発を繰り返して大変なら手術が必要なこともあります。

手術は再発の可能性があるため

しっかりと根元から摘出しなければなりませんが

それでも体質なのか再発する方もたまにみえます。

またガングリオン予備軍の小さなガングリオンも

一緒に取るように注意します。

終わりに

ガングリオンは心配すりような病気ではないので

悩まずに早く受診してください。