肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)はどんな病気?

・肩関節周囲炎の原因

肩関節周囲炎は、いわゆる四十肩、五十肩といわれる病気です。

最も多く発症する年代が40~60歳代で、20~30代の若年層でも発症する患者さんも多くおられます。

原因ははっきりとはしていませんが、加齢などにより、肩の関節や筋肉、腱などが変性すること、または、肩周囲の血行が悪くなることが原因ではないかといわれています。

 

・肩関節周囲炎の症状

「肩が痛い」「肩関節の動きが悪くなる」ことが主な症状です。
以下に一つでも当てはまる方は、整形外科の受診をお勧めします。

・腕が上がりにくくなった
・腕を挙げたときに痛みを感じる
・夜中に、肩が痛くて困る(ズキズキとした痛みで寝にくい)

イラスト

・肩関節周囲炎の当院での治療方法

「肩の痛みを和らげるための注射、投薬」と「肩の動きをよくするためのリハビリテーション」を中心に行います。

  • 肩の痛みを和らげるための注射、投薬

    肩関節周囲炎は強い痛みを生じるため、生活の質を大きく下げてしまいます。ですので、当院では早期に痛みをとることを目的に、患者様に合わせた薬の処方と湿布の処方を行います。また、痛みが強い場合は、注射によって痛みを和らげる方法を取ります。

  • 肩の動きをよくするリハビリテーション

    薬や注射などで、痛みが和らいで来たら、当院では、理学療法士によるリハビリテーションを行います。肩関節周囲炎になると肩の動きが悪くなり、関節が硬くなります。そうなると、肩の血行が悪くなり、さらに肩の周辺の筋肉や腱が硬くなるという悪循環になってしまいます。

    疼痛の改善には数か月以上かかることも珍しくないのですが、その間動かしてないと関節が硬くなります。

    一度硬くなった関節を戻すにはかなり大変ですので そうならないためにも早めのリハビリが必要です。

    理学療法士が個々の患者さんの状態を把握し 痛みの出ない範囲で適切なリハビリテーションを行い、肩の動きをよくすることで、より早期の症状の改善を目指していきます。