アキレス腱周囲炎(アキレス腱の周りが痛い)

アキレス腱周囲炎(アキレス腱の周りが痛い)

・アキレス腱周囲炎とはどんな病気?

アキレス腱断裂とは、足首の後ろに存在する腱が断裂する病気です。

アキレス腱は、ふくらはぎの筋肉で(下腿三頭筋)がかかとの骨につながる部分で、

とても大きくて強い腱です。アキレス腱は足首を動かすために働く筋肉です

アキレス腱断裂は、スポーツ中のダッシュやジャンプ動作、

踏み込み動作などで筋肉が急に延ばされた衝撃に耐えきれず断裂することで発症します。

発症時は「誰かにふくらはぎを強くたたかれた感じ」

(時には背中を叩かれたと言う患者さんもみえます)

がするなどの激しい衝撃を感じます。

また、「ブチッと破裂したような音」など断裂した際には大きな音がすることが特徴です。

アキレス腱は老化によって柔軟性が低下することで強度が弱まり、断裂しやすくなります。

若いスポーツ選手はもちろん、中年以降の運動習慣のある方にも多くみられるのが特徴です。

イラスト

・アキレス腱断裂の原因

アキレス腱断裂は、スポーツ中のダッシュやジャンプ動作、踏み込み動作などで筋肉が急に延ばされたりしたときにおきます。
アキレス腱は老化によって柔軟性が低下することで強度が弱まり、断裂しやすくなります。
若いスポーツ選手はもちろん、最近は中年以降の患者さんも増えてきています。

・アキレス腱断裂の合併(踵骨アキレス腱付着部骨折)

アキレス腱断裂の時かかとの骨がはがれてしまうことがあります。
皮膚を強く圧迫し皮膚壊死(皮膚の損傷)が時間の経過と共に出てきますので、早めの治療が必要となります。

・アキレス腱断裂の治療

治療は、保存療法と手術療法に分けられます。

保存療法、手術療法とも受傷の程度や、それぞれの長所短所がありますので、

スポーツへの復帰は専門家とよく相談して開始することが重要です。

・保存療法(手術をしないやり方)

ギプスや装具を使用して固定します。

まずは長めのギプスで固定しその後症状に応じて装具に変更し徐々に復帰を目指します

長所は、

入院が必要なく、傷を負いません。

短所としては、固定期間が長いこと、

再断裂の可能性が手術と比較して高いことなどがあげられます。

・手術療法

手術によって、断裂したアキレス腱を縫合します。

長所としては、固定期間が短くて済むことと、

再断裂の可能性が保存療法に比べて短いことが挙げられます。

その逆に短所としては、入院が必要、手術による感染の可能性、

断裂した部分をが盛り上がってしまうことがあるなどがあげられます。