足の指(趾)のケガ(家具などにぶつけた)

足の指(趾)のケガや骨折

足の指(趾)は家具などにぶつけたなどケガの多い部位です

 

以下の場合は骨折などの可能性が高く、早めの整形外科の受診をお勧めします

 

骨折のセルフチェック

 

①腫れが強い(引かない) 

 

②内出血がある 

 

③ケガした指のために痛くて歩きにくい 

 

④靴が履きにくい 

 

⑤押すと痛い 

 

⑥いつまでも痛む

 

足の指(趾)は小さいため軽い外力でも折れることがあります

 

大丈夫なようでも案外おれているのが足の骨折です

 

打撲だと思っていて様子みていたが なかなか痛みが引かなくて、

実は骨折があったと後からわかる場合もよくある骨折です

 

骨折すると靴が履きにくい、歩行時に痛いなど生活の支障も出てきます。

 

角にぶつけた(特に小指(趾))だけでなく
爪先立ちで体重が乗って骨折することもあります

 

骨折は時間がたつと自然治癒することもありますキレイにつけばいいですが

骨折に気づかずに骨がズレまま治ってしまいうこともあります(変形治癒)

こうなると戻すのは大変なので早めに受診してください

 

 

応急処置について

 

指(趾)が動くと痛いので(出血がないなら)湿布や絆創膏などで固定し診察時間内に受診してください 

 

お酒→腫れや痛みを悪化させますのでしばらく控えてください

 

入浴→温めると腫れや痛みを増強しますのでなるべく控えてください

 

 夏の暑い日などはサッとシャワーで済ませて患部を温めないようにしてください

 

クーリング→冷やすものがあれば15~30分程度冷やしてください 1日3回程度

 

挙上 → 足は体の一番低い位置にありますが、それは腫れの原因になりますので

 

    椅子の上などにケガした方の足をのせてなるべく高くしてください

 

    夜間も少し高めを意識してください

 

 

治療

 

骨折があった場合は原則なんらかの固定になります

 

固定方法は主にテープ固定かシーネ固定(添え木による固定)になります

 

テープ固定とは→隣の趾とテープ剤で止め付けることで固定する方法

 

 

 

余談

まれにホントに小さな外力で痛みが引かずに受診する患者さんのなかには

骨に良性腫瘍(内軟骨腫)などにより骨が弱くなっていると些細な外力で折れることもあります