腰痛症

腰痛症

腰痛症とはどんな病気?

腰痛は、成人の80%が生涯に経験するといわれているごく一般的な症状です。
腰痛のうち原因を特定でないことも少なくありません

・腰痛症の原因

~腰痛を引き起こす代表的な疾患~

①腰が原因の腰痛
 変形性腰痛症(年齢 過負荷により腰の骨が変形することで発症します)
 腰部脊柱管狭窄症(様々な疾患により腰の神経の通り道が狭くなり発症します)
 腰椎の圧迫骨折(腰の骨折です 骨粗鬆症による骨折は軽微な外傷でも発症します)
 腰椎椎間板ヘルニア(椎間板という骨を支えるクッションが神経などを圧迫し発症します)
 腰椎分離症 すべり症(若いころは運動負荷により 年をとると変形などが原因で発症します)

②腰痛に関連する臓器の神経に影響
 胃潰瘍などの消化器疾患
 尿路結石などの泌尿器疾患
 子宮筋腫などの婦人科疾患
 解離性大動脈瘤などの循環器疾患

③不安やストレスなどの精神的な影響

・腰痛症の治療法

上記のように腰痛には様々な原因があるため、適切な診断が重要です。
また、生命にかかわる疾患が原因のこともあるため、医療機関(整形外科)に受診することが大切です。
整形外科にて、問診や診察、レントゲン撮影などを行います 必要に応じMRIなど追加検査を行い、それらに合った治療をします。
一般的に内服薬、注射療法、装具療法(コルセット)、物理療法(温熱 電気治療)、理学療法士による運動療法(リハビリ)、場合により手術療法などがあります。