リハビリについて

当院のリハビリテーションについて

リハビリは、簡単な運動を自宅でも あせらず ゆっくり 毎日コツコツと続けることが大切です。

毎日の積み重ねにかなうものはありません。
「もう年だかからリハビリしたって治らん…」
そんな思いで、あきらめていませんか?

当院では、患者さんの前向きな気持ちを大事にして
「リハビリが楽しみ、身体が軽くなってきた」
と言っていただけるリハビリを目指しています。

「最近足腰が弱ってきたなあ、、、」
「うちのお母さん弱ってきたなあ、、、」

ふと、年をとったと感じることは
多いのではないでしょうか。
前はこれができたのに、
今は若いころのようにいかない
最近ゴルフのスコアが落ちた
ちょっと畑をしてもすぐ痛みがある

そのようなお悩みはぜひ当院へご相談ください。

イラスト

~幡多地域の皆様へ~

≪最後まで自分らしくイキイキと生活していただきたい≫

それが当院の地域貢献に対する思いです。
人は誰しも少しずつ年を取るものです。

イラスト

そうならないためにも早めに老化対策をしていくことが、
それらを防ぐ第一歩です。

幸い当院には国家資格である理学療法士がいます。

かといって辛いリハビリでは
継続が難しいですよね。

患者さん一人一人の家庭環境、筋力、骨の具合も把握し、
一人一人に合ったリハビリテーションを提案できることが当院の強みです。

老いたからもうだめだ、どうせ年だよ、とあきらめずに何でも相談してくださいね!

~学生さんへ~

≪成長期だからこそしっかりとした身体のケアを≫

皆さんは学業・部活などなど、、、
人生でも多忙な時期ですね。

このころは、一生懸命にスポーツなどに打ち込むあまり、
体のケアが後回しになりがちです。

1年生は環境になれるのにいっぱいいっぱい
2年生は、間の学年ならではの苦労。。。
3年生は最後の追い込み

イラスト

などなど日々の忙しさの中で、
痛みなどの症状が出ると思います。

その中には見逃して良いものと
悪いものがあります。
特に成長の真っ盛りですので、
その時期のケアはとても大切です。

また、長く苦労している痛みなども、少しの治療で良くなることもあります。

理学療法士により、スポーツ時の身体の使い方などの指導も対応させていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

イラスト

リハビリテーションとは

当院には、理学療法士というリハビリテーションの専門家が在籍しています。

いままでは、病院に就職していることがほとんどでしたが、整形外科クリニックに在籍する理学療法士も増加しており、当院でも2016年からスタートしました。

リハビリテーションではどんなことをするの?

それぞれ個別に20分程度の治療を実施します。主に痛みの緩和や、身体機能の向上を目的に行います。

・評価

患者さんは皆さんが年齢、仕事内容、
筋力など大きく異なります。

患者さん1人1人に応じたリハビリにするにはどうすればいいか、どうすればよくなってくれるのかを全患者さんに対応してまず考えます。

イラスト

(リハビリを継続することによって改善点や更によくするためにはどうするかも定期的に再評価しています)

・徒手療法

評価をもとに実際にリハビリを行います。

筋肉、関節などに対し様々な工夫をして落ちた筋力の回復や硬かった関節をほぐして 動くようにしていきます。

患者さんに応じてリハビリ方法は異なります。

イラスト

・運動療法

筋力の回復、関節を動くようにするには患者さん
自身が身体を動かくすことがとても大切です。

また、運動をすると血行が良くなり、柔軟性の改善や
痛みの軽減が期待できます。

年齢・筋力・関節の状態など個人差がありますので
それぞれの患者さんに応じたリハビリを行います。

イラスト

・物理療法

機械を使ったリハビリです。

ホットパック、超音波治療器、マイクロ、低周波治療器、SSP低周波治療器、腰椎・頸椎牽引器、ウォーターベッドなどを用いて、体の深部を温めたり、血行改善、筋肉ほぐし、などを目的とします。

イラスト

リハビリを受けるには?

リハビリを受けるには、医師の診察が必要です。
医師、理学療法士の評価のもと、今後の方向性を決めます。

始めてリハビリを受ける際の流れ

医師の診察
(現状把握をします)

  ↓

理学療法士の予約取得

  ↓

理学療法士による初回評価
(個々の状態にあったリハビリコースの作成)

  ↓

リハビリテーション計画の説明

  ↓

リハビリテーションの実施

イラスト

イラスト

理学療法士の紹介

理学療法士の紹介

カンファレンスの様子

カンファレンスの様子

カンファレンスの様子

カンファレンスの様子

リハビリテーション室

リハビリテーション室

リハビリテーション室

リハビリテーション室

リハビリテーション室

物理療法室

物理療法室

物理療法室

皆様のご期待に沿えるよう
精いっぱい頑張ります。
よろしくお願いいたします!!