骨粗鬆症について

骨粗鬆症とは

皆さんも聴いたことがある病気ですね。ではどんな病気でしょうか。

人間だれしも年をとります、すると足腰が
弱くなるように骨も徐々に弱くなります。

これには個人差がありますが、
骨粗鬆症になると、骨が折れやすくなります。

骨折しても若いころは治りやすいですが、
年を取ると手術が必要になったり、
寝たきりになってしまうこともあります。

イラスト

こうならないように、早期から予防・治療をしていくことで、骨を元気に保ち、寝たきりになることを防ぎましょう。

骨粗鬆症になると?

骨粗鬆症は痛みなどの症状はありませんが、骨が弱くなるため、つまづく、尻もちをつく、、くしゃみなど日々のちょっとした衝撃で骨折してしまうことがあります。

特に、背骨、手首の骨、太ももの付け根の骨が骨折しやすく、これを防ぐことが大切です。

さらに進むと、背骨の骨の骨折により、
身長が縮んだり、背中が曲がってきます。

また、高齢になってからの骨折は介護を
要する原因となり“寝たきり”にもつながってくるため、
子どもたちに迷惑をかけないためにも元気な骨作りは
非常に重要になります。

イラスト

骨粗鬆症になりやすい年齢は?

グラフを見ていただくとわかるように、年を取ればとるほど骨粗鬆症になりやすくなります。

グラフ

特に女性に多く、閉経後に女性ホルモンのバランスがくずれて、骨密度が急激に低下していきます。

骨粗鬆症の原因

ヒトの骨は、作られること(骨形成)と、壊されること(骨吸収)を繰り返して骨量を一定に維持しようとします。骨粗鬆症になるとこのバランスが崩れ、骨量が減少していきます。

高齢の女性に多いことから、加齢と、女性ホルモンの減少が主な要因とされており、さらには、内分泌系の異常、食生活や生活習慣とも関係があります。

骨粗鬆症の分類の原因による分類

年齢的なもの 病気に伴うもの
・加齢
・閉経(女性ホルモンの欠乏)
・遺伝
・内分泌疾患(リウマチ、糖尿病など)
・ステロイド薬の長期服用
・性ホルモン抑制療法
・不動性

骨粗鬆症の診断

・検査

骨密度の測定には次の方法があります。どの検査もいたくないです。

DXA法
エネルギーの低い2種類のX線を使用して測定をします。測定部位は腰椎、大腿骨があります。
現在、学会ではこの方法を推進しており、当院でもこの方法を採用しています。

超音波法
かかとの骨に超音波をあてて測定します。
簡便ですが治療効果の判定には向いていません。

MD法
X線を使って、手の骨と暑さの異なるアルミニウム板とを同時に撮影し濃度を比較し測定します。

骨粗鬆症の治療方法

骨粗鬆症の治療で目指すのは、主に骨を強くして、骨折を防ぐことです。
主な治療方法は、薬物療法ですが、それ以外にも、運動、日光浴、食事といった生活習慣にも気を配っていくことが大切です。

・薬物療法

骨は、「古くなった骨を取り除き、新しく骨をつくる」という作業が繰り返されています。
この代謝を助ける薬を適切にとることが大切です。
医院スタッフがしっかりと説明させていただきます。

代表的な薬剤名
骨を作る薬
副甲状腺ホルモン薬
骨が壊れるのを防ぐ薬
ビスホストネート薬
選択的エストロゲン受容体モジュレーター
カルシトニン薬
デノマスブ
その他の薬
カルシウム薬
活性型ビタミンD3薬
ビタミンK2薬

・食事療法

食事においては、主にカルシウムの摂取が大切です
カルシウムは骨を造る栄養素で、成人男性で1日に650~800mg、成人女性では650mgを摂ることが推奨されています。

1日のカルシウム推奨量

推奨猿食品
・カルシウムを多く含む食品(乳製品、小魚、大豆製品)
・ビタミンDを多く含む食品(魚類、きのこ類)
・ビタミンCを多く含む食品(納豆、緑黄色野菜)
・果物と野菜
・タンパク質(肉、魚、卵、乳製品など)

イラスト

控えた方が良い食品
・リンを多く含むもの
・塩分を多く含むもの
・カフェインを多く含むもの
・アルコール

イラスト

・運動療法

骨粗鬆症の治療は、運動も大切です。

運動不足になると足腰の筋力が弱ってきますよね。
実は筋肉だけでなく骨も弱っていきます。
運動という刺激が骨にはとても大切です。

丈夫な骨のためには日々のちょっとした運動習慣をつけましょう。

おすすめは、20-30分程度の散歩です。

イラスト

もし足腰が痛くてできないならぜひ相談してください。何らかの解決法を一緒に考えていきましょう。

そんな時間がない、暇がない、気力がない(気力はちょっと困りますが) いろいろ言ってくださいね。
これらも相談してください

・日光浴

その他、日光浴を行うことも重要であるといわれています。
日光をあびると、ビタミンDが生成されます。

ビタミンDは骨を作るうえで非常に重要な成分であり、
日光浴は食事・運動とともに大切にしたい生活習慣です。

一日30分程度当たることがよいといわれています。
(強い日差しでは5分程度) 

※夏場は熱中症の危険があるので昼間は控えて、
 朝・有の涼しい時間に行いましょう

毎日の散歩や、畑仕事もお勧めです。
(ただし、無理や、やりすぎは注意ですよ) 

イラスト