半月板損傷

半月板損傷

半月板損傷とはどんな病気?

膝関節は日々大きな負担がかかります。
その負担を和らげるためにクッションが存在しそのクッションを半月板と呼びます。
また、クッションだけでなく膝の安定にも役立つなど重要な役割を持っています。

半月板は内側と外側にそれぞれ1つずつ合計2つ存在します。
スムーズに膝が動くように真ん中は薄く周りは厚くできています。

 

半月板の損傷(ケガによる損傷)は後ろ側が多い
膝のケガをするときは膝が少し曲がった姿勢でケガをしてしまします。
その時膝半月版のやや後ろが最も外力を受ける位置にあるため後方の半月板損傷が多いです。

 

・半月板の血流
半月板は端の部分は血流が多く多くの栄養が運ばれてくるため回復力がありますが 中央部分は血流が悪く回復しにくい傾向にあります。

 

半月板損傷の原因

繰り返しの負担により徐々に傷んでいく場合(変性)とケガで傷める場合(外傷性)があります

・変性
繰り返しの負担(肥満や加齢)などで長期間負担がかかるとまず半月板の中に小さなひび割れが生じていきます。
長時間経過するとひび割れが少しずつ大きくなっていきます。

・外傷性
スポーツ中に膝に大きな外力を受けることで発症します。

 

半月板損傷の症状

よくある症状はロッキングといって膝の引っ掛かりです。
半月板が断裂するとその破片が関節に挟まってしまいます。

するとスムーズに膝の曲げ伸ばしが出来なくなり 引っ掛かりと感じます。

膝の関節を曲げ伸ばしたり、体重をかけたときに痛みが生じるようになります。

 

半月板損傷の治療方法

半月板損傷の治療方法は、保存療法(手術しない方法)と手術療法に分けられます。

・保存療法
ケガしてすぐなら、痛みと炎症を抑える目的で、消炎鎮痛剤やテーピング、サポーターなどで、膝の安静を保ちます。治療としては、日常生活指導。関節に水や血がたまっている場合には、関節穿刺によりそれらを取り除きます。

これらの保存療法で、症状が改善することもあります。

・手術療法
手術療法では、半月板縫合術(半月板を縫う手術)か半月板切除術(傷んだ部分を取り除く手術)のどちらかかが行われています。

手術の方法は、半月板の手術は損部位程度(重症か軽症か)、合併損傷(膝の他の靭帯などの損傷)の有無によっても治療がかわってきますので一概にいえませんが

①「縫合術」
半月板の血流の項目でも記載しましたが 、
半月板は端は回復力があり、中央に行くほど回復力が低下します。
損傷部位が、端に近いほど縫合(半月板を縫うことが出来ます)。うまくいけば半月板の大きな回復が期待できます。
回復を待つ時間が必要なため松葉杖の期間やリハビリ期間が長くなります

②「切除術」
損傷部位が中央部分で縫ってもうまくいかない可能性が高いなら、損傷部分を部分切除します。
回復をまつ必要がない分 松葉杖の期間などは短くすみますが 切除する分だけ半月板を失うため機能が低下傾向にあります、

 

・予防方法
予防としては、膝周りの筋のストレッチ・増強訓練を行い、半月板にかかる負担を軽減します。
スポーツ選手の場合は、膝の捻りを防ぐことが重要で、全身のバランストレーニングなどを行います。