手根管症候群(指がしびれてきた)

手根管症候群(指がしびれてきた)とは?

初期には示指、中指のしびれ、やがて母指(親指)から環指(くすりゆび)までしびれて来ます。急性期にはしびれは明け方に強く目が覚めてしまうこともあります。

 

手根管症候群を疑う症状
●親指から薬指までのしびれ
●明け方にしびれが悪化
●手を振ると一時的に改善
●ボタンがやりにくい(進行した方)

 

解説 痛みやしびれは、手を振ったり指を曲げ伸ばしすると一時的に治りますが、これは神経の圧迫が振ることで軽くなったり、指を動かすことで血流がよくなるためだといわれています。進行すると母指の付け根(母指球筋)がやせて母指と示指できれいな丸ができなくなります(下図 右下)。細かい作業が困難になりボタンなどに苦労します。悪化すると肘や肩にまでしびれや痛みが出るころもあります

原因

 

仕事やスポーツなどで同じ動作の繰り返し、

 

パソコン、スマホなど手の使いすぎが主な原因ですが、

 

手の骨折やケガなどあれば手根管症候群になりやすいです。

 

妊娠、出産や更年期などでホルモンのバランスの崩れると

 

滑膜が増え手根管の内圧が上がって症状がでるともいわれています。

 

腫瘤(ガングリオン)などによる神経の圧迫も原因となることがあります。

特発性手根管と呼ばれ原因不明な物もあります。

 

病態(どうして発症するのか)

手首の手のひら側には手根管という神経(正中神経)の狭い通り道があります。

 

手根管の前方には横手根管という硬い組織でおおわれています(下図)

 

ただでさえ狭い手根管に神経だけでなく指を曲げる腱が9本も通っているため、

 

手根管の内部は負荷がかかりやすい状態です。

 

そこに手を使いすぎると摩擦により滑膜炎が生じて発症します

 

手根管の内圧が上がると、神経は柔らかいので潰されしまい発症すると考えられています。

 

使いすぎの腱鞘炎やケガによるむくみなども正中神経が圧迫されて手根管症候群を発症します。

 

なお糖尿病がしびれを引き起こすこともあります。

糖尿病をしっかり治療しないと神経が障害されてしまいます(糖尿病性神経障害)

また神経だけでなく目の網膜(糖尿病性網膜症)を引き起こし失明の原因になります、

腎臓も障害され(糖尿病性腎症)透析が必要になることもあるため

糖尿病はしっかり治療しましょう。

 

診断

どこがしびれているのか、感覚が鈍くなっているのか、

 

誘発テストなどが参考になります

 

正中神経は母指から薬指の親指側半分に枝を伸ばしています。

 

ポイントは薬指で薬指の中指側の感覚が鈍いのに小指側は正常な場合は

 

高い確率で手根管症候群が疑われる。小指がしびれることはありません。

 

誘発テスト

 

  • 手首をたたくと指先にしびれが走ります。これをティネルサイン陽性                                   
  • 手首の手のひら側を下に直角に曲げて、1分間以内にしびれや痛みが悪化します、これをファレンテスト陽性といいます。
  • 母指球筋(親指の根本にある手のひら側の筋肉)の筋萎縮があればある程度進行しています。

これらに加えてレントゲンや電気を使用した筋電図検査や

 

ガングリオンなど腫瘤が疑われればⅯRIなど行います

 

治療

消炎鎮痛剤(痛み止め)やビタミンB12などの飲み薬、塗布薬、

 

運動や仕事の軽減、症状が強い場合には手根管内にステロイド注射が行われます。

 

安静が有効なため可能ならスポーツや仕事の負担を減らす。

 

仕事中など固定が可能であれば装具などの固定を行う

 

手術について

どうしても症状が改善されない時は、神経の圧迫を取り除くための手術が行われる。

 

ほとんどは日帰り手術だが、母指球筋が痩せたような重症例では、

圧迫を取り除くだけでは親指の機能が改善しないため、

腱移行も同時に行うことがある

 

腫瘤(ガングリオン)がある場合も手術が必要になります。

 

手術すると手根管による痛みは早くとれますが、

 

しびれはすぐには取れません数カ月かかることもあります。

 

その他 しびれがあると不安になり一生続くのではないか?

と考え込むひとがいますが癌など命に係わる病気ではないので

心配し過ぎないようにしましょう

 

日常生活も大事

 

・手首をまっすぐした方が負担は少ないためパソコンを打つ時は、

 

手首の下に丸めたタオルなどを敷く(招き猫みたいな手首を曲げた状態はダメ)

 

・握る場所が大きいほうが握りやすいためフライパンなどは両手で握る