膝の壊死(急に膝が痛い 夜間や安静時も常に痛い)

膝の壊死セルフチェック

〇急に膝が痛くなってきた

 

夜間や安静時にも常に痛い  (変形性膝関節症なら安静時は痛みは少ない) 

 

〇正座で痛みは悪化しない   (変形性膝関節症は悪化) 

 

  膝の軟骨自体は悪化してないので正座で悪化しない(特に初期)

 

〇膝は赤くなっていない、熱っぽくない

  もし赤く熱っぽいなら痛風の可能性もあります→膝の痛風について

 

〇60代以上の女性に多い

 

膝の壊死の原因

壊死には大量のステロイドを使用して壊死になる続発性壊死と原因不明の特発性壊死があり、特発性の原因不明でしたが、最近は小さな骨折が誘因と言われている。

 

加齢などで弱った骨に体重や変形に伴う半月板損傷の負担が加わり微細な骨折を繰り返し骨折の修復が追い付かず、骨折の広範囲になり壊死に至る。

 

実際に膝の壊死の患者さんの多くは半月板損傷を伴っています 

 

 

 

膝の壊死の症状

急に膝が痛くなり、夜間や安静時なども常に膝が痛い

 

 歩行時、立ち上がった時、階段だけでなく夜間や安静時も痛みます

 

変形性膝関節症との違い

 

①急に痛くなる  変形性はジワジワ痛くなる

 

②夜間や安静も痛い 変形は楽になる

 

③膝の軟骨は無事なため正座が可能 変形は正座で悪化する

 

膝の壊死の検査

レントゲン 

 

壊死があれが関節面に空洞がありますが、発症初期はまだ空洞はありません

 

MRI  

レントゲンでわからない初期もMRIならわかる

 

膝の内側の大腿骨に壊死が多いので、そこの空洞や骨の陥没などに注目 

 

同時に変形や半月板の損傷程度も確認します

 

 

膝の壊死の治療

痛みは強いが骨折のため修復力があり、ある程度時間が経過すれが自然に治る人も多い。

まずは保存的治療(手術なし)で行いダメなら手術を検討します。

手術になるのは症状が継続する人、壊死の範囲が大きい場合(治りにくい)

 

 

手術なしの治療

 

〇内服 痛みが強い疾患のため消炎鎮痛薬などで痛みのコントロールを行います

 

〇杖  微細な骨折があるため歩行で痛みが強いなら杖などで負担を軽減する 

 

〇リハビリ 膝周囲の筋力強化や日常生活の指導など

 

 

手術療法

 

耐え難い痛み、半年を過ぎても症状が継続する、壊死が大きく治りにくいなら手術を検討します

 

手術は高位脛骨骨切り術、人工膝関節単顆置換術(UKA)などがあります 。手術方法や入院期間は紹介先の先生の判断になります。手術を検討する場合は紹介状を作成しますので気軽に相談してください。